スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.228 東洋医学における「外邪」(≒放射能)

NO.228

 東洋医学における「外邪」(≒放射能)

 東洋医学では、「実体」としての細菌やウイルスを解明するという方向を辿るよりも、病気を引き起こす「機能」を診るという方法をとっている。
 その手段も、最新の医療機器を駆使して診断するというのではなく、医師自身の一千分の一ミリの精度を持つ「脈診」によって診断するのである。修行を積んだ医師自身の精妙な技量が決め手となる。

 そうした東洋医学の方法によれば、病気を引き起こす「外邪」は日本では一般に6種類の範疇に分類することができ、広島の十河孝博医師の経絡現象学では、独自の立場から、7種類の範疇に分類している。
 西洋医学的にみれば「実体」が確認された細菌やウイルスなどの外来微生物は数えきれないほど存在するが、東洋医学では、「機能」から見て6種類もしくは7種類に分類される「外邪」が、さまざまな条件下で、さまざまな働きを行うことにより、さまざまな病気を発生させていると見るわけである。

 今回の福島第一原子力発電所の事故では、この7種類の「外邪」のすべてが噴出し、汚染地域住民をはじめ、広く日本列島居住者全体を襲いはじめているものと懸念されている。現に、福島市渡利地区で採取された土を十河医師が経絡診断の方法で分析すると、この7種類の「外邪」すべてが含まれていることが判明した。
 原発事故による放射能は、7種類の「外邪」を一斉に噴出させ、人間に襲いかからせる、という恐るべき役割を担っているように思われる。
 7種類の「外邪」が同時に噴出するのであれば、それに触れた人間は、その置かれたさまざまな条件によって、ありとあらゆる病気を発症させても不思議はない。
 人間が「病気のデパート」にされてしまうのは当然である、と言わねばならない。

 なお、本稿では「全部で7種類の外邪が存在する」という観点から論じたが、その後の十河医師の分析によると、福島第一原発事故では全部で10種類の外邪が飛散したとのことである。
 新たに見つかったのは「燥邪(そうじゃ)」というもので、極めて乾いており、本来、日本のような湿った気候下には存在しない外邪である。
 その「燥邪」が3種類見つかったと十河医師は言っている。

 その10種類の外邪が、まず皮膚と粘膜の表層に付着して、それから次第に奥へ奥へと侵入し、さまざまな細胞、臓器に、千差万別の障害を刻していくのである。
 幸い十河医師による長年の治療実績の蓄積があるので、漢方貼剤を使用した「自己教育」による予防策と、気功等による「自然治癒力」の高め方を存分に内包した生活習慣の確立とによって、未来社会を展望することは可能である。        (甲斐記)
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

JUNOD

Author:JUNOD
ジュノーの会について
「ジュノーの会」は、世界のヒバクシャ支援とくにチェルノブイリ原発事故の被曝者支援に取り組む広島県府中市の市民団体です。会の名前は、被爆後の広島に医薬品15トンを届け、被爆者の治療にあたったスイス人医師、マルセル・ジュノー博士(1904~61年)にちなんでいます。博士の精神を受け継ぎ、86年のチェルノブイリ原発事故の被曝者支援のため88年に発足しました。会員数は全国に約500人。これまでに延べ約200人の医師を現地に派遣し、甲状腺がんなど1000人以上の患者を診療、一人ひとりの患者さんにカルテ報告を行い、同時に小児白血病治療、血液感染症予防などの医療協力活動、またヒロシマとチェルノブイリのヒバクシャ交流を進めるなど、被災者の側に立った援助活動を続けています。チェルノブイリ被災者市民団体との強い協力関係もあります。

ジュノーの会の郵便振替の口座番号は以下のとおりです。
郵便振替=「01370-0-29460・ジュノー基金」
口座名義は「ジュノー基金」です。ジュノーの会ではなく、「ジュノー基金」です。
通信欄か空白に、「梅ドみ」と明記してください。

他銀行やネットから振込んでいただくときは、以下の振込先にお願いします。
   <他銀行から振込む場合の振込先>
   銀行名ゆうちょ銀行
   ■金融機関コード9900
   ■店番139
   ■預金種目当座
   ■店名一三九 店(イチサンキユウ店)
   ■口座番号0029460

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。