FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.143  「民間で支援物資を届けてくれたのはみなさんが初めてです。」~「シャロームネットワーク」4月30日号より~

NO.143
「民間で支援物資を届けてくれたのはみなさんが初めてです。」
~「シャロームネットワーク」4月30日号より~


福島市のNPO法人シャロームの機関紙「シャロームネットワーク」第140号(2011年4月30日号)に代表の大竹静子さんが「東日本大震災・原発災害を乗り越えて!」と題する文章を書いておられます。その一部を、勝手に改行を加えるなどさせていただきながら(原文はこれ全部で一段落ですので)、引用させていただきます。

「(前略)福島県では、津波の被害の実態も、原発事故のためほとんど把握されていないようです。
 福島市周辺では、地震による停電・断水等の被害はありましたが、すっかり復旧しています。しかし、私たちの周囲にも、相双地区から多くの人たちが避難してきています。津波の被害ではなく、原発による退避地域の人たちです。
 津波の被害は、生き残った人たちで地域再建への道筋が明らかになっていきます。反対に、原発事故は、地域を解体し、家に戻れる見通しを遠ざけていきます。生活再建の見通しを見いだせないままに、不安の中で一日一日を過ごしています。
 屋内退避地区とされた20~30キロ地域の人たちの多くは、避難をしないでそのまま生活しつづけています。危険地域と見なされ、外部との交流が断たれ、生活物資にも困窮しています。
 出るも残るも地獄と言えます。
 私たちは、支援物資を持って飯舘村、南相馬市へも行ってきました。『民間で支援物資を届けてくれたのは、みなさんが初めてです』と感謝の言葉をいただきました。(後略)」

 次に、同じく「シャロームネットワーク」4月30日号より、大震災・大津波・原発事故関連の活動報告を抜き出してみましょう。

○3月13日、救援物資用玄米おかゆ製造発注(3000食)。
○3月20日、飯舘村緊急物資届け(玄米おかゆ1000食)。
○3月22日、南相馬市緊急物資届け(玄米おかゆ600食・漬物ほか)。
○3月26日、飯舘村緊急物資届け(高濃度栄養食、紙おむつほか)。
○3月27日、相馬・南相馬市野生動物調査関係者へ食料品届け。
○3月30日、飯舘村・南相馬市へ「梅ドみ」、食品ほか届け。
      南相馬市からの避難者へ玄米粥等届け。
○4月3日、いわきNPOへ緊急物資届け(食料品、「梅ドみ」、おかゆ400食)。
     大玉村避難所、あづま体育館避難所を見学。
○4月5日~20日、南相馬市職員に同行して、福島市内の避難所を訪問。
○4月10日、飯舘村緊急物資届け(「梅ドみ」ほか)。

このように、福島市のNPO法人シャロームは実によく頑張っています。
“民話”がたくさん生み出されていくことでしょう。 

梅ドみ 3/28~6/26(日)
 福島市のNPO法人シャロームと連携して、フクシマの被災者の方々にお届けしています。
 ≪ここに挙げるのは、購入分のみです。多くの方々が、自家製味噌、自家製梅干し(多量集まりました)、乾燥ドクダミ、無農薬玄米などを現物で提供してくださいました(現在も継続中)。また、府中味噌組合3社、ひろしま全農、マルシマ食品等、広島県内の製造・販売元の方々が、利益抜きの奉仕価格で特別に提供してくださっています。≫

残高 -267,424円   収入(梅ドみ募金)1,389,129円   支出(購入分)1,656,553円   
(内訳)味噌 2,160kg 646,400円; 梅干・醤油 270,179円; 十穀 24,549円; 無農薬(無化学肥料)玄米 30kg 12,900円; 無農薬(化学肥料半減)玄米 60kg 22,600円; ドクダミ(茶)、青のり、黒ごま、自然塩(天日塩)、ウーロン茶、ほうじ茶、かき葉、はぶ茶、ワカメ、昆布、ニンジンなど 427,438円; 漢方入浴剤・貼薬材料 33,285円、段ボール、フリーザバッグ、粘着テープ、はかり、やかん、容器など44,372円;運送費 174,830円(56回分)

(6/26・日)第56便(段ボール3箱)
 内訳:①味噌20kg、徳用ウーロン茶4袋、すりごま2袋、カットわかめ小2袋、干しシイタケ4袋、会報第117号100部 ②味噌20kg、徳用ウーロン茶4袋、すりごま8袋、カットわかめ小2袋、ニンジン25本、タマネギ2個 ③味噌20kg、100%ドクダミ茶4箱、カットわかめ大2袋、青のり粉20袋、会報第117号50部

  みなさん、ジュノーの会・「梅ドみ募金」に力を貸してください。「梅ドみ」とは「梅干し・ドクダミ茶・味噌」のことです。ヒロシマ、ナガサキを生き抜いた人びとの代表的な養生法を紹介しています。  
  毎日1個の梅干し(昔ながらの、天日塩とシソだけの)、毎日1杯のドクダミ茶(ウーロン茶とのブレンドで2~3杯)、毎日1杯の(昆布ダシ、ワカメの)味噌汁――これが基本ラインの目安です。これを毎日続けること。(ドクダミ茶については、①飲みすぎに注意してください。おいしいと感じることが目安です。②妊娠中、授乳中の方は医師か薬剤師にご相談ください。)
  砂糖は摂らないようにしてください。黒ゴマ、自然塩(天日塩)、柿の葉、ニンジン、ハブソウ、ほうじ茶(緑茶は避けたほうがいいのです)などを摂るとよいのです。プレーン・ヨーグルトにも排毒の作用があります。あと、免疫力を高める強力な作用のあるのが「青のり」。青のりを天日塩でうすい塩味にして、ふりかけのようにして食してください。 
 ヒロシマ被爆時には、人びとは藁をもつかむようにして、ある人はドクダミを飲み、ある人はナスの味噌漬けを食べ、ある人はカワラヨモギを食べました。今はいろんな食品で排毒する知恵が見つかっていますので、一つ一つの食品については、過度に食する必要はありません。ドクダミ茶や昆布などは、摂りすぎに注意したほうがよいくらいです。
  たくさんのフクシマ放射能被災者の方々が「梅ドみ」「解毒」を求めておられます。国や県、行政の支援は望めません。待っているわけにはいかないのです。ただちに「解毒」を! 遅れれば遅れるだけ危険が増します。
  どうか、全国の非被災地のみなさんの力で、より多くのフクシマの人々に、「梅ドみ」に代表される「ヒロシマの知恵」を届けてあげてください。そして、ご自分でも、「梅ドみ」を入り口にして、「健康」を求める生活を始めてください。
(ネットや振替でジュノーの会に加勢してくださる方々、たいへん心強い思いをしています。感謝しています。)

 いま、私たちは何をすべきか。 
 大筋だけをズバリと言わせていただく。
 まず、初期の医療空白の時代には、呆然と待っていたりせずに、ヒロシマ、ナガサキ、チェルノブイリで効果があったと伝えられる療法を可能な限り試みることである。
 次に、政治方面の努力を急いでもらって、一日も早く「全科無料定期検診制度」と「全科無料治療制度」を確立すること、そしてそれを守り抜くことである。そのとき、初めて、現代医学は力を発揮するのである。
 (「ジュノーさんのように」第116号より)


スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

プロフィール

JUNOD

Author:JUNOD
ジュノーの会について
「ジュノーの会」は、世界のヒバクシャ支援とくにチェルノブイリ原発事故の被曝者支援に取り組む広島県府中市の市民団体です。会の名前は、被爆後の広島に医薬品15トンを届け、被爆者の治療にあたったスイス人医師、マルセル・ジュノー博士(1904~61年)にちなんでいます。博士の精神を受け継ぎ、86年のチェルノブイリ原発事故の被曝者支援のため88年に発足しました。会員数は全国に約500人。これまでに延べ約200人の医師を現地に派遣し、甲状腺がんなど1000人以上の患者を診療、一人ひとりの患者さんにカルテ報告を行い、同時に小児白血病治療、血液感染症予防などの医療協力活動、またヒロシマとチェルノブイリのヒバクシャ交流を進めるなど、被災者の側に立った援助活動を続けています。チェルノブイリ被災者市民団体との強い協力関係もあります。

ジュノーの会の郵便振替の口座番号は以下のとおりです。
郵便振替=「01370-0-29460・ジュノー基金」
口座名義は「ジュノー基金」です。ジュノーの会ではなく、「ジュノー基金」です。
通信欄か空白に、「梅ドみ」と明記してください。

他銀行やネットから振込んでいただくときは、以下の振込先にお願いします。
   <他銀行から振込む場合の振込先>
   銀行名ゆうちょ銀行
   ■金融機関コード9900
   ■店番139
   ■預金種目当座
   ■店名一三九 店(イチサンキユウ店)
   ■口座番号0029460

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。