スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.218 お医者さんは魔法使い

NO.218 
お医者さんは魔法使い

『ジュノーさんのように』第3巻「原子力発電所の爆発事故から6年目の子どもたち」(而立書房刊、ジュノーの会編、税込1,575円)の33頁から引用します。放射能でお悩みの方は、あれこれと個別にお悩みになるばかりでなく、ぜひ、『ジュノーさんのように』を手がかりにして、チェルノブイリ医療支援問題の全体像に目を向けてみられるよう、お勧めします。

お医者さんは魔法使い
 ――キエフ市内の教師―― レシチコ・ヴァレンチナ


 バイオリン演奏者の指先がバイオリンの棹に触れるように、そのお医者さんは、鋭敏な指先で私の脈に軽く触れ、全神経を集中させて心臓の響き、体中の神経細胞の響きを調べます。そして今度は、小さな鎚で、神経の弦(経絡)に沿ってたたき、再び脈を診ます。
 魔法を思わせるこのような意外な行為が15分間ほど続いた後、体の正確な状況、つまりどこが病気になっているのか、どのようにそれぞれの器官が通じているのか、神経系がどのような状態にあるのかを示してくれます。
 このすばらしい魔法使いのようなお医者さんのお名前は“十河(そごう)先生”と言います。十河先生は、珍しい一種独特な薬で治療されます。それは先生の病院で長年の医療実践のなかで考えだされたものです。錠剤でも水薬でもなくて、それは小さな正方形の貼り薬です。
 そして、この貼薬(てんやく)を十河先生の助手の方が、素早く正確な動きで、体の決まったツボに貼ってくださいます。アッという間に終わり、その後は、もう自由に自分のことをしてもいいのです。この貼薬は、肌を通して体に作用し始めます。2週間ぐらい経つと体が強く健康になったように感じます。気力、活力がみなぎってくるようです。
 十河先生のところで、チェルノブイリ原子力発電所の事故後、放射能を浴びたキエフやチェルニゴフの子どもたちが治療を受けました。(滞在中の)約2週間で、驚異的なことに子どもたちは、自分自身一段とよくなったように感じたそうです。
 私と夫は、ジュノーの会、特に責任者の甲斐さんの招待でキエフから治療のためにきました。私はもう3年前から甲状腺の病気を患っており、神経系と呼吸器の障害があります。まる1ヵ月以上、先生方は根気よく、粘り強く治療を施してくださいました。十河先生は、脈診をされ、杉原先生は、日本式の針をしてくださいました。この杉原先生も魔法使いのお医者さんです。杉原先生は、入念に、そしてたくみに治療してくださいます。細い針を体にさし(痛みはありません)その針の先端部につけた薬草に火をつけます。心地よいぬくもりを感じ、薬草の匂いが体中に広がります。
 私は、薬(注:ウクライナから持参されていた睡眠薬などのこと)がなくては一日でも生活ができなかったのですが、その使用をやめました。私は、完全に先生方に従い、先生方を信じました。そのうち、だんだんと体力が戻ってきたように感じました。睡眠もとれるようになりました。指先で感じとれるようなひどい動悸もなくなり、休まなくても一気に山に登れるようになりました。……以前は決してできなかったことです。
 私は、魔法使いの先生方――ヒロシマの医師、十河先生、杉原先生――に感謝しています。先生方の専門家としてのお仕事に深く敬服もしています。それだけに私の考えを述べておきたいと思います。
 私たちの国、ウクライナには放射能によって病気になった人たちがとてもたくさんいます。できれば十河先生や杉原先生のようなお医者さんに助けていただけないかと思います。すべての人たちが治療のためにヒロシマへ来ることはできません。できるなら、日本のお医者さんにウクライナに来ていただき、現場で病気の人たちを診ていただき、そして、ウクライナの医師たちに針療法や東洋医学の方法による治療を教えこんでいただけないものかと願っています。
 私は感謝の気持ちと共に、どんな病気も共同の努力によって克服できるという希望の気持ちを持って日本を後にします。
                                     1992年8月1日
スポンサーサイト

NO.217 漢方貼剤を貼ってください

NO.217
 漢方貼剤を貼ってください

 広島市は府中市からは遠い。
 広島県内の都市で広島市から一番遠いのが府中市である。
「ジュノーの会」を名乗る以前、「チェルノブイリ被災者を救援しなければ……」という矢も楯もたまらないような思いに突き動かされながらも、具体的に何をしたらよいかわからないという状態が続いていた。
 そのころ、いったい何十回広島市へ通ったことだろう。私だけではない。通常、2~3人は一緒だったが、ときには10人近くの集団にもなった。時間にして片道2時間以上、金額にして往復運賃一人約1万円もかけて……。チェルノブイリの放射能被害に対して、なんとかしなければならない、と、私たちはほんとうに強く願っていたのだった。
 すべてが遠かった。
 なかでも、医師に出会うまでの遠さは、想像もできないほどの遠さで、まことに雲をつかむような話だった。

 私には、一人しか当てはなかった。いや、一人だけ当てがあった、と言うべきであろう。
 山代巴さんたちの「広島研究会」のメンバーで、その医学面での支柱でもあった杉原芳夫・元広島大学助教授(病理学)である。
 もともと面識はなかった。岩波新書の『この世界の片隅で』の中に「病理学者の怒り」を書いておられたこと、当時私が関係していた「山代巴を読む会(備後路)」のメンバーであった小林みさをさんに発癌が疑われたとき、細胞を診て、癌ではないと診断されたこと、くらいのことしか知らなかった。
 私は、ある日、杉原先生が広島市の立町で開いておられた「真知堂医院」の患者になることにした。
 それが、私の「広島の医師」とのかかわりのスタートだった。

 途中はばっさりとカットする。
 チェルノブイリ救援について、私は杉原先生としばしば口角泡を飛ばす激論をさせていただいた。
 その結果、杉原先生が出された結論が、「貼薬」だった。
 無数とも予想されるチェルノブイリの放射能障害の患者さんたちに、何か施す手段があるとすれば、それは「貼薬」しかない。薬剤を処方していたのでは、とてもじゃないが、追いつかない。生薬の成分を染み込ませた「貼薬」を適切なツボに貼ることで、多量に発生する患者さんの病状に応えていくのだ。この「貼薬」療法を行なえば、どんなに多くの放射能障害が出たとしても、なんとかなるかもしれない。幸い、広島には、十河先生というすばらしい大家がおられる。
 こうして、ジュノーの会では杉原先生から、十河孝博先生と、今一人の東洋医学の大家である小川新先生を紹介していただいたのだった。
 当時ヒロシマにやってきたチェルノブイリの子どもたちは、みんな検診と治療を受けて帰っていき、その後、見違えるように元気になったと伝えられた。そのときの検診は西洋医学によるものであり、治療は東洋医学によるものであった。当時の広島県医師会長からも「西洋医学も東洋医学も、広島で学べるものはすべて学んで帰ってください」と励まされたものであった。

 残念ながら、その後、国際ボランティア貯金の配分金が東洋医学(とチェルノブイリの子どもたちの招聘・教育交流)に関しては一切認められなかったことが直接の理由で、こうした東洋医学的アプローチは続けることができなくなった。助成金によるたくさんの事業を抱えながら、自力で独自事業を推進しつづけるのは、至難の業である。
 この東洋医学による治療は、当時、チェルノブイリの子どもたちの甲状腺他の病状に対して著効があったため、ウクライナ側からは、医師からも教師からも親たちからも強く強く求められた。
 当時、現地の医療機関では、医療機器も薬剤もないという状態が続いていた(今でも、それほど事情は変わらないかもしれない)。考えてみればあたりまえのことだが、現地の医療機関から最も切望されたのは、高価な医療機器も薬物も必要としないこうした東洋医学的治療法であった。

 こうの史代氏の「夕凪の街桜の国」は『この世界の片隅で』を下敷きにしている。「夕凪の街桜の国」の影響で、少しは山代巴さんたちの『この世界の片隅で』や「広島研究会」にも目を向ける人が出てくるかと期待されたが、どうだったのだろうか。
 杉原芳夫先生は1992年(だったと思う)の初め、正月休みを返上して、私たち10人ほどのジュノーの会メンバーに「貼薬」の作り方を実地に伝授してくださった。あのころの、「チェルノブイリの子どもたちを実際に救いたい」という、みんなの熱い情熱を思い出すと、今でもあたたかい思いが胸いっぱいに蘇ってくる。
 
 そのときの「貼薬」はその後、十河先生の手で少しずつ改善が加えられた。そして、そのうちのある種類のものは、一定のツボに貼っておくことで予防効果が得られるものとして、お灸と同じように日常生活の中で使われるようにもなっている。お灸は熱いし、皮膚に水泡や焼け焦げを残すが、こちらは熱くない。皮膚に変化を生じさせることもない。ときに少しかぶれを引き起こす人もいるが、しばらく休んでいると元に戻る。副作用もない。
 
 広島の焼野が原で、いのちが助かりたい一心で、多くの人は「梅ドみ」をはじめとする民間療法に頼った。「原爆灸」のおかげで助かったという人たちの言い伝えもたくさん伝わっている。
 「梅ドみ」は薬草を飲む方法、つまりは『傷寒論』の流れを引いた民間療法である。
 「原爆灸」は、経絡(ツボ)療法、つまりは『黄帝内経』の流れを引いた民間療法であろう。
 「漢方貼剤」は、生薬の煎じ汁に濾紙を浸して乾かし、それをツボに貼る。つまり「梅ドみ」と「原爆灸」、つまりは『傷寒論』と『黄帝内経』の双方の伝統を引いている、と言えよう。
 
 ジュノーの会がお渡ししている「漢方貼剤(非売品)」は、このように、かつてチェルノブイリの子どもたちに大きな効果のあった「貼薬」の進化したものである。ヒバクの症状がまったく現われていない人でも、ころばぬ先の杖として、「大椎」と「血海(右)」だけにでも貼っておかれたらよいのだが……と私は全身全霊で憂慮しつづけている。
 「漢方貼剤」は予防用の、お灸の一種である。何の症状も出ていない人が使用して、将来の発症を防ぐ、というのが正しい使い方だ。だから、同時に、定期的に検診を受けて、安全無事を確認することが大事である。
 福島原発事故の放射能のヒバクを憂える人には、現在何らの身体的精神的異常が見られなくても、「ジュノーの会漢方貼剤(非売品)」を予防のためにこそ貼って、発症をくいとめてほしいのである。
 この国の悲劇を少しでもくいとめようとするなら、まず、放射能障害の発症をくいとめなければならないからである。


梅ドみ 2011.3/28~2012.05/01(火)  
福島市のNPO法人シャロームと連携して、フクシマの被災者の方々にお送りしています。仮設住宅の方々等にお渡ししていますが、「まちなか夢工房」(福島市本町5-31)にも置いてあります。 
「梅ドみ」に代表される、「解毒に有効な食品」については、ある程度お伝えできたのかな、と少しだけホッとしています。各地、各方面で、さまざまな形で、フクシマ・ヒバクシャの方々に、解毒のための食品をお勧めください。
 ジュノーの会では、「ヒロシマ~道後温泉 治療と養生の旅」の準備を行ってきましたが、だいたいの準備が整いました。当地までの交通費だけをご自分でご負担ください。あとはすべてお任せください。ホームステイで行いますので、立派な設備はありませんが、適切な「治療」と行き届いた「養生」をめざします。ご希望の方はどうぞご連絡ください(手紙等、文面でご連絡いただけると助かります)。
 ジュノーの会では引き続き福島(や他のご希望の地域)に「梅ドみ」をお送りし続けるとともに、外部被曝除去のための「ジュノーの会入浴剤(非売品)」と内部被曝除去のための「ジュノーの会漢方貼剤(非売品)」を作成し発送することに力を入れていきます。「梅ドみ」関連食品、気功実践とともに、「ジュノーの会入浴剤(非売品)」「ジュノーの会漢方貼剤(非売品)」で放射能障害を予防してください。
 一番よいのは、避難(短期・中期・長期)・移住して、適切な治療を受け、根気よく養生しつづけることです。有史以来の大ピンチ。いつも前を向いて、自分たちの歩んだ足跡だけを数えて、肯定的に生き抜きましょう。チェルノブイリ原発の都市プリピャチ市の元市民が集うチェルノブイリ被災者市民団体「ゼムリャキ」(ジュノーの会の長年の相棒です)の合い言葉は「楽天主義」。ユーモアあふれる雰囲気がその絆の原動力となっています。

残高 -25,418円  収入(梅ドみ募金)5,487,266円   支出(購入分)5,512,684円   
(内訳)味噌 5,899kg 1,655,930円; 梅干・醤油 1,266,723円; 十穀・黒米 53,750円; 無農薬(無化学肥料)玄米 90kg 38,700円; 無農薬(化学肥料半減)玄米 180kg 67,800円; ドクダミ(茶)、青のり、黒ごま、自然塩(天日塩)、ウーロン茶、ほうじ茶、かき葉、はぶ茶、ワカメ、昆布、ニンジン等 1,423,517円; 漢方入浴剤・貼薬材料117,117円(未集計);濾紙、ペットボトル27,275円(未集計);ダンボール、フリーザーバッグ、粘着テープ、はかり、やかん、容器、アルコール、ハサミ、ピンセット、コットン、レーザープリンターラベル、ペットボトル、封筒、カッターマット、クールボックス、保冷剤、除染用シーツ、除染用スプレーなど 181,781円;運送費(+郵送費+一部交通費) 585,281円(190回分)
;交通費とABK分の宿泊費(帯津良一講演会の準備と実施のための4/17~4/20と4/27~4/30の2回の福島行きに際して)94,810円

(4/18・水)
 第188便
  内訳:
(1)みそ20kg、100%ドクダミ茶4箱、徳用ウーロン茶4袋、カットわかめ4袋、すりごま(黒)2袋
(2)みそ20kg、100%ドクダミ茶4箱、徳用ウーロン茶4袋、カットわかめ4袋、すりごま(黒)2袋

その他=漢方貼剤80枚持参(福島・シャロームへ)

(4/23・月)
 第189便
  内訳:
(1)みそ20kg、100%ドクダミ茶4箱、徳用ウーロン茶4袋、カットわかめ(小)4袋、すりごま(黒)2袋
(2)みそ20kg、100%ドクダミ茶4箱、徳用ウーロン茶4袋、カットわかめ(小)4袋、すりごま(黒)2袋

 (4/27・金)
 第190便
(1)みそ20㎏、100%ドクダミ茶4箱、徳用ウーロン茶4袋、カットわかめ(小)4袋、すりごま(黒)2袋
(2)マルシマ梅干し2ケース、100%ドクダミ茶4箱、徳用ウーロン茶2袋、赤穂の塩3袋、自家製ドクダミ茶(内田千寿子さん)9袋

*「帯津良一講演会」。帯津先生はすっかりボランティアで実施してくださいました。そのため、シャロームが準備しておいた実施費用は、そのまま「梅ドみ募金」に役立てていただくことになりました。記してお礼を申し上げます。
 なお、募金・基金をお送りしただいた方には、以前同様、一筆お礼状と領収書を差し上げたいと考えています。とりあえずすべきことはしたと感じていますので、初心に戻って手仕事のきめ細かさを取り戻したいと思います。


  みなさん、ジュノーの会・「梅ドみ募金」に力を貸してください。「梅ドみ」とは「梅干し・ドクダミ茶・味噌」のことです。ヒロシマ、ナガサキを生き抜いた人びとの代表的な養生法を紹介しています。
  毎日1個の梅干し(昔ながらの、天日塩とシソだけの)、毎日1杯のドクダミ茶(ウーロン茶とのブレンドで2~3杯)、毎日1杯の(昆布ダシ、ワカメの)味噌汁――これが基本ラインの目安です。これを毎日続けること。(ドクダミ茶については、①飲みすぎに注意してください。おいしいと感じることが目安です。②妊娠中、授乳中の方は医師か薬剤師にご相談ください。)
  砂糖は摂らないようにしてください。黒ゴマ、自然塩(天日塩)、柿の葉、ニンジン、ハブソウ、ほうじ茶(緑茶は避けたほうがいいのです)などを摂るとよいのです。プレーン・ヨーグルトにも排毒の作用があります。あと、免疫力を高める強力な作用のあるのが「青のり」。青のりを天日塩でうすい塩味にして、ふりかけのようにして食してください。 
 ヒロシマ被爆時には、人びとは藁をもつかむようにして、ある人はドクダミを飲み、ある人はナスの味噌漬けを食べ、ある人はカワラヨモギを食べました。今はいろんな食品で排毒する知恵が見つかっていますので、一つ一つの食品については、過度に食する必要はありません。ドクダミ茶や昆布などは、摂りすぎに注意したほうがよいくらいです。
  たくさんのフクシマ放射能被災者の方々が「梅ドみ」「解毒」を求めておられます。国や県、行政の支援は望めません。待っているわけにはいかないのです。ただちに「解毒」を! 遅れれば遅れるだけ危険が増します。
  どうか、全国の非被災地のみなさんの力で、より多くのフクシマの人々に、「梅ドみ」に代表される「ヒロシマの知恵」を届けてあげてください。そして、ご自分でも、「梅ドみ」を入り口にして、「健康」を求める生活を始めてください。

 いま、私たちは何をすべきか。 
 大筋だけをズバリと言わせていただく。
 まず、初期の医療空白の時代には、呆然と待っていたりせずに、ヒロシマ、ナガサキ、チェルノブイリで効果があったと伝えられる療法を可能な限り試みることである。
 次に、政治方面の努力を急いでもらって、一日も早く「全科無料定期検診制度」と「全科無料治療制度」を確立すること、そしてそれを守り抜くことである。そのとき、初めて、現代医学は力を発揮するのである。
 (「ジュノーさんのように」第116号より)

プロフィール

JUNOD

Author:JUNOD
ジュノーの会について
「ジュノーの会」は、世界のヒバクシャ支援とくにチェルノブイリ原発事故の被曝者支援に取り組む広島県府中市の市民団体です。会の名前は、被爆後の広島に医薬品15トンを届け、被爆者の治療にあたったスイス人医師、マルセル・ジュノー博士(1904~61年)にちなんでいます。博士の精神を受け継ぎ、86年のチェルノブイリ原発事故の被曝者支援のため88年に発足しました。会員数は全国に約500人。これまでに延べ約200人の医師を現地に派遣し、甲状腺がんなど1000人以上の患者を診療、一人ひとりの患者さんにカルテ報告を行い、同時に小児白血病治療、血液感染症予防などの医療協力活動、またヒロシマとチェルノブイリのヒバクシャ交流を進めるなど、被災者の側に立った援助活動を続けています。チェルノブイリ被災者市民団体との強い協力関係もあります。

ジュノーの会の郵便振替の口座番号は以下のとおりです。
郵便振替=「01370-0-29460・ジュノー基金」
口座名義は「ジュノー基金」です。ジュノーの会ではなく、「ジュノー基金」です。
通信欄か空白に、「梅ドみ」と明記してください。

他銀行やネットから振込んでいただくときは、以下の振込先にお願いします。
   <他銀行から振込む場合の振込先>
   銀行名ゆうちょ銀行
   ■金融機関コード9900
   ■店番139
   ■預金種目当座
   ■店名一三九 店(イチサンキユウ店)
   ■口座番号0029460

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。